最近、武術で気付いた事。重心の位置は流派によって必ずしも一定じゃない。

今回は、重心の位置について書いてみようと思う。

どこの重心を置いて身体動作を行なうかは
流派や門派によって異なる。

重心を身体の真ん中に置く流派もあれば
重心を片足に置く流派もある。
(左右であったり前後であったり)

それに少ないようがその時々によって
重心の位置が変わる流派もある。

それでも一定の場合が多い様だ。

ただ、この事に関しても必ずしも
重心の位置が一定の位置に置く事が
全てではないことに気付いた。

もちろんその時、稽古している流派に合わせて
重心の位置を意識して稽古する必要があるが
自分が学んでいる流派の身体操作だけが
全てではないと知っておく必要があると感じている。

武術は、探究すると本当に面白いよ(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)