先日の天道流薙刀術の稽古。約7時間、目一杯稽古した。よく眠れる。

先日、天道流薙刀術の稽古へ行った。

今回からは武術家モード全開での稽古参加で
稽古始め気合いが入りまくりだ。

気合いが入り過ぎて動きが荒くなっていたので
先生や先輩から修正してもらい、
鋭さ+正確に動きに近付けながら稽古をした。

やっぱい思いきって技を出す方が動きが
スムーズ身体が動くスピードも破壊力も増す、

ただその反面相手に当たる瞬間(人間ではなく木刀など)は
力の調整が必要になる。

それも段々出来るようになってきた。

相対での形の時も当たる瞬間までの
一気に動き、当たる瞬間に「すっと」力の調整をする。

今はまだ雑だけどスピードコントロールも
破壊力のコントロールも上手く出来るようになれば
今よりスムーズに形が行なえるようになると思っている。

最近、自分なりにいろいろ研究してきて

薙刀術も基本が正確に出来る事が
とても大切な理由や

形も最初の方の形が正確に出来る事が
後々の高度な形に大きく影響が出てくる事も
分かってきた。

まだまだ奥が深い天道流薙刀術。

これからも探究しながら
稽古を頑張っていこうと思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)