燃費について。抜け道か本線か。信号の違いも。

燃費について
いろいろ考えながら
走っている。

狭くて空いてる道か
それとも広くてそこそこ流れている道か

それに信号の影響もある。

狭くて空いている抜け道は
一見、速いように見えるが
道路が込んでいる時間帯は
結局「止まる」「走る」を繰り返すので
燃費が悪くなる上、車にも負担が掛る。

逆に広いけど時々込んでいて
でも大体そこそこ流れている道路の方が
燃費も良く車にも負担が掛からない。

その方が自分にも車にもストレスが
掛かりにくいので結果的に後者の方を
最近は選んで走っている。

それと信号だが都道府県によって違うのかも知れないが
私が住んでいる都道府県は車が進まないように
信号が変わっていく。

逆に隣の都道府県は、車の流れがスムーズに
進むように信号が変わっていく。

同じように制限速度で走っていても
同じ距離同じ場所へ到着するまでの
時間も全然違うし
走りやすさも燃費も全然違うぐらいだ。

なぜそんな信号機の設定にしているか
疑問だが渋滞がイライラを増やし結果的に焦り
事故に繋がりかねないので
全国的に、もう少しスムーズに車が流れるよう
渋滞が緩和されるようになれば良いと思う。

燃費が悪く車にストレスが掛かっても
少しでも早く現地に到着したいか

燃費良く車にストレス少なく
現地へ到着したいか

もう一度よく考えて道を選んでみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)