最近、武術で気付いた事。身体を傾ける傾けないがあること。

最近、武術や武道の稽古で気付いたことで
身体を傾ける方が良い場合と
身体を傾けない方が良い場合があるということ。

よく身体を真っすぐに立てて行なう武術の身体動作があるが
それが一番良いのだと思っていた。

でも実際には流派にもよるが
身体を傾けることで力を出したり
一気に間合いを詰めたりする場合がある事に気付いた。

例えば、刀での斬り上げの動作で

身体を立てて行なう場合には、
それなりの理合があり

身体を傾けて行なう場合には、
それなりの理合がある。

多くの流派で最終的には
身体を真っすぐな状態で行なう身体動作と
身体を傾けて行なう身体動作があるようだ。

身体を傾けるとバランスを崩しやすくて
動きに影響が出るのかと思っていたが

身体を傾けるからこそ出来る動作や
全体的なバランスとして
良くなる場合もあるようで

やっぱり一方的な考えに凝り固まらず
様々な視点で考えてみる必要があると気付いた。

私にとっての武術や武道の一番の楽しみは、
この気付きなのだと思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)