一つの探究と複数の経験。それぞれ必要な時期がある。

武術の探究で一つのものを探求することが大切な時と
沢山の経験を積むことが大切な時がある。

習い始めた段階では一つのものを探究する必要があるし
複数の流派や門派を経験した後、
自分の流派の技術を高めるために
さらに探究する場合は
集中する必要がある。

ただ世の中の本当に優れた一流の武術家で
一つの流派や門派だけを学んだ人はいない。

必ず他の流派や門派を学んでいることを
知っておく必要がある。

世の中には多くの流派や門派がある。

今の時代は、昔のように理論や理合が流出すると
自分の流派や門派が滅ぼされる、
ような考え方をする時代でもない。

多くの人達がプライベートの時間に
趣味で習い事として学んでいる場合の方が多い。

環境的にも多くの人が会社勤めの現代人であるため
普通にある程度の段階まで教えてくれる道場も多い。

興味のある流派や門派には
本を読んだり、動画を見たりしているより
実際に習いに行ってみよう。

大切な事は自分が今、興味のある事に
どんどんチャレンジして吸収していくこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)