先日の天道流薙刀術の稽古。相対稽古の大切さ。

先日の天道流薙刀術の稽古は
相対稽古を中心に行なわれた。

単独稽古だと相手がいないため
自分勝手に動いていて正確に動けていない事が
相対稽古でよく分かる。

指導していただいている先生に
細かなところをチェックしていただきながら
修正して正しい形にしていく。

技の順番を覚えるだけなら
少し頑張れば誰でも出来るかも知れないが
正確に理合に基づいて動くためには
まだまだ動きの修正が必要だ。

先週よりも少し道場の暑さが和らいでいたが
それでも稽古が始まれば暑い事もあってか

集中力が散漫になって
自分でも動きが雑になっていることに気付く。

いつまで暑い日が続くのだろうと思いながら
連日38℃位の猛暑が続いている中、

空調の無いで道場の中で稽古出来ているので
先生や先輩の皆さん方も体力あるな~と思う。

それにしても天道流は覚える型が多いので
稽古の時間を増やしてほしいところだ。

今のところ小長刀の表の型の初段中段まで
稽古しているがもう少ししたら
予習のために下段や初段の裏の型も
勉強しておこうと思う。

そろそろ天道流の稽古用鎖鎌も注文するかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)