先日の戸山流居合の稽古。目付の大切さ。

先日の戸山流居合の稽古で先生とお話している時に
目付が大切とのお話があった。

ちなみに目付というのは目線のようなもので
どこを見るかということ。

単独稽古していると
どうしても相手をイメージしにくいため
目線が定まらなかったりする人もいるとのお話だった。

居合で相手を斬る動作の時には
正面の相手を見ているが

斬った後は相手が倒れているので
そちらへ目線を向けないといけないが
そのまま正面を見たままの人もいるらしい。

それでは正しい目付にはならないので
意識する必要があるとのこと。

昇段審査の際にも審査基準になるとのことで
昇段審査を受けるのであれば正しい目付を見に付ける
必要があると言っておられた。

目付にもいろいろあるので
今後、そのことも書いて行こうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)