先日、久々に大東流合気柔術の稽古へ行った。完全な脱力には、まだ届いていない。

先日、久々に大東流合気柔術の稽古へ参加した。

昔、一番燃えていた体術が大東流合気柔術で
かなり久々で楽しみにしていた。

やっぱり身体はなまっていたが
稽古を続けるにつれて
段々身体が動くようになってきた。

昔、習っていた頃のように
一カ条二カ条三カ条の技を
順番に稽古していく感じではなく

大東流の理論を様々な技を掛けながら
身に付けていく感じで
とても面白かった。

それと上手い人に技を掛けられると
全く力のぶつかりがなく、
痛みも全くないのに
技が掛ってしまうのが凄かった。

元々単に技の順番を覚えるより
理論の探究の方が好きなので

今回参加させていただく団体は、
私には合っているようだ。

技を掛ける際に、
最後まで脱力のまま
技を掛け続ける所まで
身体が戻っていないので

感覚を研ぎ澄まし
完全な脱力状態で技を掛けられるように
感覚を戻していこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)