武術には共通の理論と独自の理論があることを知る。

武術には共通の理論と
独自の理論で成り立っている。

日本武術には
日本武術としての共通の理論があり
流派事の独自理論もある。

琉球武術には
琉球武術としての共通の理論があり
流派事の独自理論もある。

それは理論や理合だでけなく
動作もそうだ。

そういう所を比較しながら
探究していくと結構面白い。

だから例えば日本剣術をしている人であれば
複数の日本剣術の流派を比較しながら
何が共通理論か何がその流派の独自理論かを
見ていくと本当に大切なことは共通理論の中にある。

その部分が見えてくれば
共通理論の部分は
自分の流派で身に付いているので

独自理論の方を中心に学べば
効率よく成長して行けるはず。

「ここは共通の理論か、ここは独自の理論か」
などと考えながら稽古していると結構楽しいよ(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)