先日の宝蔵院流槍術の稽古。槍合せの型の表1~5までの復習と鎌槍側・素槍側。

先日、宝蔵院流槍術の稽古へ行ってきた。

初めての場所で
移動に時間がかかってしまい遅れてしまったが
場所が正確に把握出来たので
次回からは少し早めに着くように
移動しようと思う。

今回は、先輩と同期の人に
相手をしていただき稽古した。

私は、まだ槍合せの型の表14本の内
1~5までしか出来ないので

14本全てまで進んでいる先輩や同期の人に
(稽古にならなくて申し訳ないな~)
と思いながら相手をしていただいた。

今回も前回同様、
槍合せの型の表14本の内

1 到用
2 一挽
3 粘花
4 五個
5 半冠

を鎌槍側と素槍側の両方を
繰り返し稽古した。

片方だけだと覚えやすいが
鎌槍側と素槍側と両方を覚えないと
相手の人も稽古にならないので
今、一生懸命覚えている段階だ。

一週間に一回の稽古だと
次に行った時に
忘れている動作があるので
気をつけないといけない。

稽古中は
相手がいる相対稽古が殆どなので
やっぱり自分で時々動作を確認するために
自主稽古が必要になりそうだ。

これからどんどん進んで行きそうなので
毎回、教えていただいたことを
きちんと身に付けて行くように
心がけていこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)