手の延長を感じ取りやすい。片手に一つずつ両手に持つ武具。

よく武具は手の延長を言われるが
一般的な長物(六尺棒など)のように
一つの武具を両手で持って扱うものの場合
ちょっと感じ取りにくいし

片手で扱う武具でも片手しか持たない場合には
感じ取りにくい。

フィリピンカリのスティックや
トンファーや大陸双刀・双剣など

同じ長さの武具を
片手で一つずつ両手に持つ場合には
手の延長のように武具を感じ取りながらの
扱いが分かりやすいと思う。

ただ、刃系の武具の場合
両手に持って振り回すと
自分を傷つけてしまう可能性が
高くなるので注意が必要だ。

その分、扱えるようになると
攻撃にも防御にも
とても役に立つものになるので
探究してみると面白いと思う。

自分が学べる環境で

琉球古武道の(サイ)やトンファー、
日本武術の二刀流や二天一流、
大陸武術の双剣や双刀を

学べる環境があれば
是非チャレンジしてみてはどうだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)