最近思う、武術武道道場の雰囲気。習いやすさと合理的説明。後世に伝えるということ。

私は、
長く武術や武道の世界に居るが

最近の道場は
先生方や先輩方の配慮で
習いやすくなっているところが多い。

昔は、「見て覚えろ」とか
「技のコツは見ながら掴み取ることだ」とか

合理性の欠片もないような
非効率な指導方法を
行なっているところが多かった。

でも最近の道場は、
教えられることは
教えていく方が早く身に着くので

教えられるところは教えて
そこから先は自分で探究するという
合理的な説明をしてくれる先生方や
先輩方が増えているのは良い傾向だと思う。

昔、私が後輩に武術を指導している時、
先生方や先輩方から
「技は掴み取るものだからコツとかも
 簡単に教えてはいけないと言われていた」
(実際には、あまりにも出来ない人には、こっそり教えてたけど)

始めたばかりに人にあまり教え過ぎると
分かった気になって

すぐに辞めていってしまう
ということも言われたことがあったが
止めていく人の多くは中々進まない自分に
嫌になってやめていくのだと思う。

コツを掴んだりして自分の成長が少しでの
感じ取ることが出来れば辞めないと思うし、
もっと自分でも探究しようという面白さも出てくる。

そもそも、「見て覚える」とか
「感覚的に感じ取ってコツを掴む」とか
達人みたいな人じゃないと出来ないだろう。

多くの人は趣味でちょっと興味があって
始めるのだからあまりストイックなことを
求めてもそれは続かないだろう。

武術や武道などは、
それぞれ自分なりの理由があって
始めるのだから

私は本人が楽しければ
それで良いと思っている。

武術家や武道家を志して
生きていく人ばかりじゃないだろうし。

何でもかんでも教え過ぎるのは
本人が武術のコツを掴む感覚を
弱らせる可能性はあるが

あまりにも迷ったり
悩んだししている時には
ヒントぐらいは教えてあげてもよいと思う。

そのためには自分自身も
合理的で分かりやすい説明が出来る位、
技術を深い所まで理解しておく必要はあるけど。

それと道場の雰囲気も変わりつつあると
感じている。

道場の雰囲気も稽古が始まると
身が引き締まる緊張感があるが
それ以外の時は和やかな感じの所も増えてきている。

私は複数の流派を学んでいるが
昔は、他流派を学んでいるというだけで
嫌悪感を示す人や嫌がらせするような人もいた。

今は、そうでもない。

一つの流派で高段者になっている人でも
「自分の知らない事は素直に知りたい」
という人も増えてきている。

「自分の流派が優れている」とか
「自分の流派が最強」とかの
独りよがりの時代に比べれば
大分、変わってきた感じだ。

私は思う。

武術や武道という日本の伝統文化を
後世に伝えていくためには、
武術や武道の世界に人達は

変えてはいけない事と
変えていかないといけない事を
よく考える時期に来ているのかな~と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)