先日の薬丸自顕流剣術。打ちの細やかの所まで教えていただいた。

先日、薬丸自顕流剣術の稽古へ行ってきた。

道着が用意出来たので今回から道着での参加だ。

薬丸自顕流は、裸足が基本とのことで
今回は裸足で稽古に参加してみることにした。

今回は、つづけ打ちと抜きの稽古で
足を止めた状態からだったので足の裏も
それほど痛くなかった。

掛り打ち(走り込みながら打つ)だと
もしかしたら痛いかも知れないが
次回は試してみようと思う。

つづけ打ちの稽古の中で
いろいろと細やかに教えていただいた。

手の上げ方、
振り下ろした時の手の位置、
足の位置など、

まだまだ出来ていないが
教えていただいた事を出来るだけ
忠実に再現出来るように心がけながら
稽古した。

抜きの稽古は、思ったより低い姿勢から
一気に抜く感じでちょっと難しい。

自顕流は、多くの剣術の流派のように
刀を振る際に振りかぶるのではなく
真っすぐ立てた状態から振り下ろすだけで
一刀両断する。

刀の遠心力で斬るというより
全身のエネルギーを刀に込めて
一気に叩きこむ感じだ。

一つの技に
多くの力の出し方が組み合わさって
強力な破壊力を生みだしている感じで
面白い。

前回教えていただいた事と
今回教えていただいた事を
忘れないように
時々自主稽古してみようと思う。

次回の稽古も
とても楽しみだ(^-^)

DVD

DVD

書籍

電子書籍

書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)