先日の戸山流居合の稽古。刀の勢いと身体操作のコントロール。

先日、戸山流居合の稽古へ行った。

今回、様々な武道からの例えで
論理的に説明していただける先生で
とても分かりやすかった。

様々な武術や武道やスポーツなどの
身体操作を研究されている先生で
説明を聞いていると「なるほど!」と
勉強になることが多い。

私の場合、
本居合の一本目の斬り上げなど
一撃目で仕留める勢いで
思いっきり居合刀を振っていたのだが
どうもそれは、やり過ぎみたいで
スピードや勢いを調整する必要があるようだ。

斬りには良いみたいだが
荒さが出るので
スムーズな居合に見えないとのこと。

上手い人は流れるように
スムーズに居合を行なって
尚且つ斬れるとのお話だった。

今の私はそこまで達人ではないので
いろいろ自分自身で試しながら
身体操作を調整出来るようにしていこうと思う。

戸山流居合は、
型の通りに動いて斬れるのが理想だが

実際に今の私の認識だと
型の動作そのままで斬るというよりは
型の動作のプラスαの動作で斬るような感じだ。

これは型と斬りが乖離しているのではなく
型の延長に斬りがあるということ。

だからこそ型も斬りの大切ということ。

ただ、今はケガでの長期リハビリなどで
身体がなまっている状態なので

100%武術の身体に戻して
武術の動きが出来るように
全力で身体操作を行なう必要が
あると思っている。

戸山流居合の技は
他の古流の居合に比べるとかなり少ない。

だけど一つ一つの動作の意味を
深く知れば知るほど
戦いに必要な技は、
全て含まれていることに気付く。

シンプルだけど奥が深い戸山流居合。

とても面白いよ(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)