先日の宝蔵院流槍術。基本と二本目まで。

先日、宝蔵院流槍術の稽古に行った。

基本の引き落としと巻き落としを稽古して
それから型の一本目と二本目を行なった。

今回は、前もって自宅で
型の一本目と二本目を少し自主稽古していたので
スムーズに行なえた。

ただ、まだまだ細かい所で正確に動けてないので
疲れてきたからといって動きが雑にならないように
気をつけないといけないと思った。

集中する意識はあっても
手や足の位置が一定の一ではなく
若干バラバラになっていたり
することもある。

引き落としは、前の手だけで行なって
後ろの手を上手く使えていなかったり、

巻き落としは、前の手が上がり過ぎたりと

修正するところがいろいろあるのと
短時間でやめるのであれば
いろいろな技を短期間で経験したいと思ったが

長く続けるのであれば基本の部分から
きちんと身に付けた方がよいと思い

このまま進むよりもう少し基本の部分を
徹底的に鍛えたいと思い
いろいろ考えた結果、

もう少しの間、
基本の部分を学ぶクラスに
参加させていただくことにした。

十文字槍も欲しいところだ。(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)