先日の槍術の稽古。2つの型稽古と先生の巻き落とし。

先日、宝蔵院流槍術の稽古に行った。

武道館へ行くと皆でまず稽古場の床を掃除してから
槍を運んで始まる時間まで自主稽古。

先生が早く来られているので
いろいろ槍に関することを教えていただいた。

先生の説明が論理的で具体的なので
毎回とても分かりやすい。

前にやった事のある大陸槍術が真横ではなく
若干、正面へ身体を向ける感じだが
宝蔵院流槍術は身体を真横に向けて構えるとのことだった。

そこは薙刀と同じだ。

腰の高さや腕の位置は、ちょっと違う。

今回、稽古が始まる前に槍を無駄な力を使わず
扱えるコツを教えていただいた。

まだスムーズに行なえる訳ではないけど
心がけていこうと思う。

今、進み具合は
基本として構え→歩法→突き技→引落→巻落と
進んできて、

前回は、一つめの型「到用」で
今回は、二つめの型「一挽」を
教えていただき皆で稽古した。

槍は、刀や薙刀と違い
今の時点では振り回す動きがないので
家の中で長い棒を使って
復習が出来るところが良い。

型は対練で行なうため
鎌槍側と素槍側の両方を覚えておかないと
対練の時の稽古相手に迷惑を掛けてしまうので
当分、繰り返し稽古が必要だと思った。

稽古日が一回、空いたため
一つめの型を忘れてしまっていたので

一つめの型「到用」と
二つめの型「一挽」を
毎日、復習しようと思う。

それと先生に巻落の説明の際に
巻落をかけていただいたが
(鎌槍を絡めながら下へ落とす動き)
最小限の動きなのに
強烈に巻き落とされて凄かった。

今回の稽古は、
それが一番インパクトが強かった。

やっぱり免許皆伝の先生は凄い(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)