先日の薬丸自顕流の稽古。対練で抜きや槍止め。

先日、自顕流の稽古に行った。

天気も良く結構暑くなってきた。

立つ木打ち→走っていって打つ→対練
の順番で稽古が進んで行く。

今日は、ちょっとだけ
対練の抜きや槍止めを稽古させていただいた。

対練は相手に接近して木刀で打つので
相手にあたりそうな感じで

まだ新しい自顕流の木刀の長さに
慣れていないのでやりにくかったが

やっぱり武術としての緊張感が
独りで振っている時よりもあるので
とても良い稽古になった。

薬丸自顕流の技自体は少ないが
一つ一つの技の破壊力を出す事を
大切にする稽古をするので

複数の技を覚えたい人よりも
複数の技を覚える時間を

少ない技を洗練させる時間に使う
という考え方が出来る人に
オススメの剣術だと思う。

一刀両断、一撃必殺の薬丸自顕流剣術
毎回どんどん楽しくなっていく(^-^)

次の稽古日がとても楽しみ(^-^)/

DVD

DVD

書籍

電子書籍

書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)