先日の居合の稽古。抜刀納刀の繰り返し連続技。

先日の居合の稽古。

最近だんだん暑くなってきた。

今までは汗をかく事も少なかったが
これからは汗だくの中の稽古になりそうだ。

今回は、
戸山流居合の八方抜きと
ちょっと抜刀納刀しながらの
連続技を教えていただいた。

居合刀だと大丈夫だが
真剣で連続技をすると
ケガをする可能性があるので
気をつけないといけないとのこと。

今は、居合刀で稽古しているので
ちょっとやってみた。

戸山流は元々技の数自体は
他流派に比べると極端に少ない。

実際の戦時中に戦地で使える技だけを
厳選しているからだが

その厳選した技を
あらゆる方向へ繰りだす
稽古もする。

連続技を教えていただいた時、

改めて戸山流が
よく考えて作りあげられている事に
気付いた。

それに居合である以上抜刀納刀を
常にスムーズに行なえる必要がある事も
分かった。

居合刀の素振りは天井の高さのことで
家の中では中々出来ないが
抜刀納刀の練習はいくらでも出来るので

出来るだけ鞘から居合刀を抜刀する際に
鞘から音を鳴らさずスムーズに出来るように
練習しようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)