先日の槍の稽古。大切な基本の構えや槍の扱い方。

先日、宝蔵院槍術の稽古に行った。

今回は、沢山の先生や
先輩方から構えや槍の扱い方などの
アドバイスをいただいた。

物凄い勉強になった。

やはり基本の部分を
きちんと身につけておかないと
後々出来あがってくるものが
違ってくるようだ。

何事も
基礎や基本は大切だと改めて感じた。

今回は、型よりも
基本の細かな部分を中心に
稽古したので

今まで何となく行なっていた動きが
少し自分の中で
変わってきたような気がする。

今までは、槍を持つ時も
腕の筋肉に頼ってばかりだったが

槍を持つ腕の角度や
身体の使い方によって

時々だが
あまり筋肉を使わずに支える事が
出来るようになってきている。

今回は、外国人の先生にも
いろいろ教えていただいた。

コツを掴めば
筋力は必要ないとのことで

今までは、筋力だけに頼って
槍を支えていたが

これからは、
出来るだけ筋力を使わずに
槍を支えられるコツを
探っていこうと思う。

十字槍が
どんどん欲しくなる(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)