久々の戸山流居合の稽古。真剣と居合刀の重みが違う。

先日、久々に戸山流居合の稽古へ行ってきた。

最初は素振りをして
基礎居合、本居合の後は自由稽古になったので
真剣を振ってみた。

私が使っている居合刀も重みがある方だが
やっぱり真剣とは全然違う感じだ。

最近、刀の研磨に出して帰ってきたばかりなので
切れ味が良いため抜刀納刀にも気をつける。

家では中々、思いっきり刀を振れないので
ここぞとばかりに思いっきり振って稽古した。

普段は人数が少ない稽古場の方が
自主稽古がしやすいので
人数が少ない稽古場に行くようにしている。

居合刀は樋があるので振ると良い音がする。

エネルギー全開での振りで
思いっきり振るとかなり風切り音がなって
振り甲斐がある。

戸山流居合で基礎居合、本居合は特に大切な稽古で
久々の稽古だったためところどころ
うる覚えになってしまっているところもあった。

やっぱり普段から稽古に通おうと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)