武芸者として生きて行こう。演武の大切さ。

今まで人前で演武をすることは出来るだけ避けていた。

その理由は、戦う技術は命を奪う技術で
人前で演武する際には雰囲気や顔つきが
戦いの状態になるのでそれを人に見せるのは抵抗があった。

ただ、演武をしている人達を見ていて
自分が見に付けたことを人前で行なうことで
何事にも度胸がついたり、上手く演武をしている人は
見ている人に感動を与えることが出来ることに
気づいた。

(自分も上手い人の演武をみると素直に感動する^^)

武術や武道の先生方が弟子や生徒に演武を進める理由が
分かるような気がする。

何も強くなる事だけに拘るだけが武の道ではなく
独りよがりなことは止めて、
見ている人達に感動を与え楽しませる演武にも
参加していこうと思う。

演武者は武芸者としての生き方の一つして有りだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)