居合の稽古で初めての竹の試し斬り。

先日、居合の稽古で初めて竹の試し斬りを行なった。

畳表を巻いたものとは違った感覚だった。

昔から居合や剣術で
試し斬りをする場合の多くが
畳表を巻いたものか竹を斬るそうだ。

最初は細い竹を斬って
段々太い竹にしていった。

ある程度は斬れるが
それなりの太さの竹になってくると
気合いを入れて斬らないと
斬れないのかな?とは思った。

ただ斬る事ばかりに拘ると
型が崩れてくるので型の動作で斬ることが
理想とのこと。

まだ居合を初めたばかりだが
コツコツ頑張っていこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)