先日の居合の稽古。抜き付けと試し斬りで気づくこと。

先日、居合の稽古に行った。

最初基本技の稽古をして

その後、少し試斬(試し斬り)をした。

その時、思ったのが躊躇うと斬れないということ。

刀を振る際に迷いが少しでもあると
中途半端にしか斬れなかったり、
全く斬れなかったりする。

無心で思い切って刀を振ると普通に斬れる状況でも
自分の心に迷いがあると斬れないことが改めて分かった。

心が体へ及ぼす影響か大きいと感じた。

あと試斬で刀の切れ味の
影響が大きいという事も
いくつかの刀で試斬する中で分かった。

自分の心と刀の性能で初めて斬れる。

それに初心者でも
刀の性能が良ければ普通に斬れる。

袈裟斬りくらいなら。

よく試斬を体験などで
行なっている団体があるが
初心者向けに斬れやすい刀を
用意してくれているのだろうと思う。

でも達人であればある程度の刀の性能があれば
初心者が斬れないような場合でも斬れるんだろうな~思う。

ちょっと試斬をした後、
基本の型を稽古しながら
他の人から先生に質問があったので
一緒に説明を聞いていた。

私は、まだ居合を始めたばかりなので
他の人への先生の話も勉強になるので
出来るだけ聞かせていただくようにしている。

据え物斬り(置いたものを斬る)や
抜き付けでの斬り上げ(斜め下から斜め上に斬り上げる)の
説明をされていたので一緒にお聞きしながら
自分でも稽古してみた。

先生が普段から
居合の研究や試斬の研究をされているため
説明が具体的で論理的で実践的で分かりやすいので
とても助かる。

うちの団体は、よくある
「見て覚えろ」「技を盗み取れ」
みたいな感じではなく

皆さん
「分からない事は説明した方が早いだろう」
という感じで
具体的に必要なことを
説明いただけるので
初心者の人が始めても上達が早いと思う。

説明の後、自分でも先生に教えて頂いた通りに
体を動かしてみるとスムーズで技のキレが良くなった。

説明の内容を考えてみると
普段から言われていることのようなの気がするが
自分でも出来ていないことに気付いた。

何度か動きをしてみたが
まだ、交通事故のリハビリ中のせいか
稽古不足か動きが安定しない。

自分の理想の動きに届きそうで届かない。

それが稽古の醍醐味かな~と感じた稽古だった(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)