今回の居合の稽古。試し斬りでの斬り上げと水平斬り。

今回の居合の稽古は、
半分は試し斬りで
半分は型稽古だった。

最初に少し基礎居合→本居合→八方抜きを行ない、

その後、試し斬りを行なった。

試し斬りの今回の私のテーマは、
斬り上げと水平斬りだ。

単に袈裟斬りと逆袈裟斬りをするだけであれば
前回行なって普通に斬れたので
次は型の技で斬れるかどうかが大切。

それで今回は、
ほとんど斬り上げと水平斬りを集中して行なった。

斬り上げは、最初上手くいかなかったので
先生に角度の指導をいただき修正すると
普通に斬れるようになった。

斬り上げの次は水平斬り(胴斬り)を行なったが
一応斬れたという感じだったが
今回は半畳巻のため
一応斬れたが壱畳巻きだと
どうなるか分からない。

ただ今回の試し斬りでどの角度で
どれぐらいの刀勢で刀を振る必要があるか
大体見えてきたので次回は思い切っていこうと思う。

それにしても真剣での試し斬りの後、
いつも使っている重めの居合練習刀がやたらと軽く感じた。

やっぱり真剣は重たいし、
普段から型稽古も真剣でやった方が良いのかな。

と改めて感じた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)