独りで行動する時と多くを率いて行動する時とでは意識や視点を変える必要がある。

私は20歳の頃から
・自分の技術スキルを上げ仕事をこなす事
・新人を短期間で一人前の技術者へ育てる事
・部下を動かしてチームでクライアントの依頼内容の結果を出す事
この3つを会社から要求される立場に立つことが多かった。

その経験から独りで仕事で結果を出す事は簡単だが
チームで結果を出す場合には意識を変える必要があると
気づいた。

いわゆるプレーヤー仕事は簡単だが
マネジャーとして部下や後輩を動かし仕事をする場合には
別の能力が必要になるということだ。

会社に入るとある程度の年齢になると
部下を動かし仕事で結果を出すことを要求される立場に
立つことも多いと思うが

プレーヤーの意識からマネージャーの意識や視点へ
変えてみる必要があることに気づけるかどうかが
自分自身の成長の鍵になり、
自分が率いる人間達を混乱させず、成長へ導く鍵にもなる。

スポーツで名選手が必ずしも
名コーチや名監督になれないのは
その辺りの意識や視点の変え方を出来るかどうかだと思う。

リーダー職やマネージャー職は大変なことも多いし
自分で何でもこなすプレーヤーの方が楽だが
自分が育ては部下が成長して行く姿を見たり
自分が育てたチームが仕事で結果を出した時には
自分が頑張って結果を出した時より
嬉しさが何倍にもなるので

今、リーダー職やマネージャー職に就いている人は
意識や視点を変えて頑張ってみよう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)