今日は、ティンベーの練習。手槍と盾が一番戦いやすいかも。

今日は、ティンベーの練習をした。

ティンベー術と呼ばれる琉球古武術の武器は
盾のティンベーと手槍のローチンとの組み合わせで
行なわれる武器術だ。

手槍は、練習用の樫の柄で出来ているもの
盾は、今日の所は玩具の大きめの盾で練習した。

今日練習していて思ったことは、
琉球武器術は空手と同じ動きということ。

これは琉球武器の本にも書いてあることだが
例えば受けで言えば

盾で上段受け、中段内受け、
中段外受け、下段受け(空手だと下段払い)

手槍でも上段受け、中段内受け、
中段外受け、下段受け(空手だと下段払い)
の動きがある。

手槍の場合は
持ち手が本手持ち、逆手持ち、特殊持ち
同じような受け技がある。

あと何かで読んだことがあった
手槍(ローチン)は投げても使うというのも
本当にあることを知った。

つまり手裏剣のようにローチンを投げる。

盾のティンベーは盾自体で戦う戦い方があるようで
ちょっと研究してみたいと思う。

盾と片手武器の組み合わせは、
様々な国で使われているようだが
日本武術ではあまり聞かない。

ティンベー術は、
意外と護身術に使えそうなので
武術友達と遊びながら研究してみたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)