居合開始、居合刀を振り侍の気持ちになる。

先日、初めての居合の稽古へいった。

私にとっては、
新ジャンルへのチャレンジだ。

居合を始め改めて思う。

刀の振り方は奥が深い。

単に振っているのではなく、
細やかな部分まで正確に振れることで
破壊力を生みだしている事が分かる。

それと武道や武術の作法なども
ここ数年離れていた事もあって
少し戸惑ったが流派ごとに違うので
徐々に慣れて行くようにしよう。

まず居合刀
(刃はついていない練習用の刀)
を振ってみる。

やはり木刀とは明らかに感覚が違う。

刀自体を振るイメージは居合刀の方が
イメージしやすいので出来るだけ
居合刀で稽古しようと思う。

はるか昔、侍たちは
何を思い刀を振り
どう生きたのだろうと
改めて考えてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)