琉球古武道について。空手と琉球古武道の同時進行が理想だと思う。

琉球古武道だけど多くの道場が
まず空手の修行をして
初段になってから
琉球古武道を始める場合は
多いようだ。

私が習っているところは、
自由なので個人的には助かる。

それに空手と琉球古武道の同時進行は
相乗効果があるのでそのようなやり方が
私は理想だと思っている。
(もちろん様々な意見があると思うが)

昔、戦いが盛んな時代
(武器で戦っていた時代)
武器を手にして戦っていたので
本来の戦闘を考えた場合
まず武器での戦い方を身につけ、
次に素手での戦い方を身につける
と考える事が出来る。

だから本来であれば
琉球古武道→空手で

それは極論なので現代だと
琉球古武道+空手が理想的だと思う。

それに琉球古武道は
空手の動作も含まれてはいるが
空手をある程度身につけないと
出来ない訳ではない。

むしろ同時進行の方が理解が深まる。

それは、やってみればすぐに気付く。

特に釵術、トンファ術、二丁鎌術は
「なるほど」と気付くところが多い。

他の琉球武器は戦闘に使えると思うが
空手に直結するかは正直微妙なところ。

それに空手の初段になってから
始めるのだとかなり時間がかかるし

今はネットで購入出来るところもあるので
興味のある人は是非、始めてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)