長物武器は、使えないという誤解。0から武器の長さ+手の長さが間合い。

今日もネットで
誤解されている事を書いて行こうと思う。

長物武器は、使えないという誤解。

よく長物は、懐に入られると何も出来ないであったり、

長物は、間合いが近過ぎると戦えないであったり、

かなり誤解されているようだ。

自分で学びに行けば分かることだけと

武器の間合いは、
0から武器の長さ+手の長さが基本。

例えば、
六尺棒(180cmの棒)の場合、
手の長さが仮に約60cmだと
0cm~約240cmが間合いになる。

間合いの広さも近い間合いでの戦い方も
実際に習いに行けばわかる。

長物は、近い間合いで戦えるかどうか?

その答えは、道場の練習で見えてくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)